アクセルファクターで即日資金化

「急にまとまった資金が必要になった!」
「来月になれば、売掛金が入るのに…」

ファクタリングで今日・明日にも資金調達する必要があるなら、売掛金を最短で即日資金化できる「アクセルファクター」がオススメです。

「アクセルファクター」は「即日振込がモットー」のファクタリング会社で、なんと約半数が即日振込に成功しているんです!

審査通過率が90%以上と高く、個人事業主の利用OK。

小口の売掛金も積極的に買取りしてくれますし、登記も必須ではなく、柔軟に対応してくれるのが嬉しいですよね。

審査に必要な書類は以下の3点!(追加書類が必要な場合もあります)

  • 請求書
  • 3ヶ月分の通帳
  • お申込み用紙(問い合わせ後にアクセルファクターから入手)
取引銀行がネットバンクの場合、代替え書類で対応した事例もあるので相談してみましょう。

即日入金してもらうためには、「申込・ヒアリング・書類提出・審査・契約」の5ステップを15時までに完了させなくてはなりません。

  • なるべく早く申し込み
  • 迅速に必要書類を揃える

これが最短で即日資金化成功のポイントです!

ファクタリングでは、審査を受けないと見積もりが出せません。

まずは「アクセルファクター」公式サイトのお問い合わせフォームから申し込んで、必要書類を確認しましょう。お問い合わせの際は、「即日資金調達を希望」と伝えるのを忘れずに。

\ 見積もりは無料!公式サイトはこちら /

目次

アクセルファクターは利用者の半数以上が即日振込!

「アクセルファクター」は、超特急対応・即日振込がモットーの、スピード資金調達に定評のあるファクタリング会社です。

無駄を省いたスピード審査・柔軟な対応・必要最低限の必要書類で、約半数が即日入金に成功しているという、急な資金調達にはとくに心強いファクタリング会社なんです。

アクセルファクターで最短・即日資金化するための手順

アクセルファクターがスピード資金調達に強いとはいえ、誰でも簡単に即日資金化できるわけではありません。

即日資金調達は時間との戦いです!ここからは、最短でファクタリング契約を完了させるための手順を説明します。

  • 今すぐ申し込み、「即日資金化希望」と伝える
  • 簡単なヒアリング
  • 申込書を記入し、審査の必要書類を過不足なく提出
  • 審査の間に契約のための必要書類を揃える
  • 見積もり提示。15時までに対面契約を完了

必要書類さえ揃えば、申込から契約完了まで数時間です。

しかし実際には1日かかってもおかしくはないので、コツを抑えて迅速に進めましょう。

今すぐ申し込み、「即日資金化希望」と伝える

ファクタリングでの即日資金化は、時間との戦いです!

できれば前日夜〜朝イチ、遅くとも10頃までには申し込んだ方がいいでしょう。

電話での受付時間は9:30〜19:00ですが、公式サイトのお問い合わせフォームなら24時間申込ますよ。

簡単なヒアリング

お問い合わせフォームを送ると、営業時間内であれば最短数分で「アクセルファクター」から折り返しの電話が入り、そのまま簡単なヒアリングとなります。

  • 希望金額、希望入金日、調達できた資金使途
  • 売掛債権や売掛先の情報
  • 会社の基本情報や事業内容

上記のような基本的なことは答えられるようにしておくといいでしょう。

審査を待っている間に契約書類を揃えるため、審査だけでなく、契約で必要となる書類も一緒に確認しておくといいでしょう。

お申込み用紙を記入し、審査の必要書類を過不足なく提出

お申し込み用紙を記入し、審査に必要な書類をメール・LINE・FAXなどで送ります。

書類に不備があると審査が長引いてしまうので、お申し込み用紙は間違いなく、書類は過不足なく揃えて送るようにしましょう。

審査に必要な書類は以下の通りです。

  • 顔つきの身分証明書
  • 請求書
  • 3ヶ月分の通帳
  • お申込み用紙

メインバンクがネット銀行の場合も、代替え資料などで対応可能な場合があるので、相談してみましょう。

場合によっては、さらに追加資料が必要となる場合もあります。

(注文書・発注書・契約書・納品書などの追加の成因資料、諸経費の支払い明細書、売掛先とのメールのやり取りのキャプチャー、納税証明書などが求められる場合があるようです)

審査の間に契約のための必要書類を揃える

審査には最短でも1時間程度かかるので、その間に契約に必要な書類を揃えます。

契約に必要な書類は以下の通り。役所に取りに行かなくてはならない書類も多く、揃えるのに時間がかかる場合もあると思います。

  • 代表者の印鑑証明
  • 代表者の住民票
  • 法人登記簿謄本(履歴全部事項証明書)
  • 法人の印鑑証明
  • 決算内容確認書(確定申告2〜3期分)
  • 実印

開業後まもなく確定申告書を用意できない場合は、試算表で代用できる場合もあるので相談してみましょう。

場合によっては、追加資料が必要になる場合もあります。

見積もり提示。15時までに対面契約を完了・入金

審査が終わると、「アクセルファクター」のスタッフから口頭で買取金額と手数料の提示があります。金額に納得できれば契約となります。

アクセルファクターでは対面契約が基本となっていますが、来社・出張・郵送・WEBの4種類の契約方法で全国対応しています。

>>契約方法ついてまとめた記事はこちら

関連記事
アクセルファクターの契約方法
アクセルファクターは面談不要でも契約できるファクタリング会社!選べる4つの契約方法

面談不要のファクタリング会社が増えていますが、アクセルファクターは面談不要で契約する事ができるのでしょうか? アクセルファクターには4つの契約方法があり、面談不要で契約することも可能です。 面談にもそ ...

続きを見る

即日資金化を狙うなら、契約が一番早く済む「来社して契約」がオススメです。

アクセルファクターの本社は東京都新宿にありますが、地方でどうしても来社が難しい場合はアクセルファクタースタッフに出張してもらう事もできます(交通費実費)。

対面契約では、面談を兼ねて45分程度かかります。移動のための時間や、契約のための時間も確保しておきましょう。

無事に15時までに契約を完了できれば、15分〜1時間ほどで買取金額から手数料を引いた金額が振り込まれます。

これでアクセルファクターでの即日資金化が成功です!

後日、取引先から売掛金が入金されたら、アクセルファクターに一括で振り込み、ファクタリングの一連の流れが完了となります。

\ 見積もりは無料!公式サイトはこちら /

最短・即日でアクセルファクターの審査に通過するコツ

ファクタリングで即日資金化するためには、審査にスムーズに通過する事も大切です。

万が一、審査に落ちてしまったら、別のファクタリング会社に申し込まなくてはなりませんし、それでは即日資金化に間に合わない可能性も高いです。

アクセルファクターは審査通過率が90%と高くなっていますが、最短・即日でアクセルファクターの審査に通過するためのコツも知っておきましょう。

>>審査に通過するポイントについてまとめた記事はこちら

関連記事
アクセルファクターの審査
審査通過率93%!アクセルファクターは他社で審査落ちした人もオススメのファクタリング会社

「ファクタリングの審査に落ちた」 「なんとしても今日中に審査通過して、資金調達の目処をつけたい」 アクセルファクターは、ファクタリングの審査が不安な方にオススメしたいファクタリング会社です。 審査通過 ...

続きを見る

また、即日資金調達の必要があるなら、複数社に相見積もりを取っておく事も大切です。

>>相見積もりについてまとめた記事はこちら

関連記事
ファクタリング相見積もり
ファクタリングで即日資金化したいなら相見積もりを取ろう!オススメの会社

資金調達を急いでおり、ファクタリングで即日資金化したいなら、相見積もりを取るのがオススメです。 対応が早く、手数料も安い会社を見極めるのは難しいですが、複数の候補があれば希望に一番近いものを選ぶ事がで ...

続きを見る

二社間契約を選ぶ

アクセルファクターでは「二社間契約」と「三社間契約」の両方に対応しています。

しかし、即日資金化できるのは二社間契約だけなので、二社間契約を選択することになります。

手数料は高めに設定されますが、申込から契約までが早く進み、取引先にファクタリング利用の情報を知られる事がありません。

アクセルファクターの審査基準は売掛先の信用重視!信用力の高い取引先の売掛金で申し込む

アクセルファクターの審査では、売掛先の信用がもっとも重視されます。

逆に信用力のある取引先の売掛金を持っていれば、個人事業主・赤字決算・税金滞納・債務超過・融資を断られた場合でも審査に通る可能性があります。

即日資金化のためには審査をスムーズに通過したいので、できるだけ信用力のある取引先の売掛金で申し込むようにしましょう。

信用力のある取引先とは下記のようなものです。

  • 政府・公官庁からの売掛金
  • 有名企業・上場企業からの売掛金
  • 政府・公官庁と取引のある企業からの売掛金
  • 金融機関と取引のある企業からの売掛金
もちろん、上記でなければ審査に通らないわけではなく、審査に通りやすいから積極的に利用しようという事です。

また一般的には、売掛金の支払日が近いほど、審査では有利になるとされています。

売掛金を複数持っている場合は、信用力が高く支払い期日の近い売掛金を優先的に利用するようにしましょう。

継続的な取引を証明できる資料を提出する

継続して取引があり、毎回きちんと売掛金が振り込まれている取引先も、ファクタリング会社の信頼を得やすい売掛先といえます。

基本契約書など、継続的な取引を証明できる資料がある場合は、請求書と一緒に「アクセルファクター」に提出して審査を受けましょう。

モアタイムシステム導入の銀行を使う

銀行では、営業時間中(9:00〜15:30くらい)にしか振込処理をしてくれません。

しかし、モアタイムシステム導入の銀行であれば24時間、振込処理を行ってくれます!

買取金額の振り込みには、モアタイムシステム導入の銀行を使うといいでしょう。

>>モアタイムシステム導入の銀行一覧

必要書類を不備なく、不足なく揃える

書類に不備や不足があると、審査が遅れてしまいます。

申し込み用紙や契約書などの書類は不備なく記載し、必要書類は不足なく揃えるようにしましょう。

ヒアリングや面談で誠実に対応する

ファクタリング会社は、評判や人柄の信用できない相手と取引をしたいとは思いません。

ヒアリングや面談では、人となりもチェックされます。信用を得るため、ヒアリングや面談では誠実に答えるようにしましょう。

審査落ちするパターンとは?個人事業主の売掛金は買い取り不可なので注意

最後に、アクセルファクターで審査落ちするパターンを見ておきましょう。

まず、注意したいのはアクセルファクターでは個人・個人事業主相手の売掛金は買い取りできないという事です。

利用者が個人事業主の場合はOKですが、売掛金は法人相手のものを用意しましょう。

その他、審査落ちしやすいパターンは下記のようになります。

  • そもそも売掛金がない
  • 売掛金をすでに別のファクタリング会社に売却している
  • 取引先の経営実態が不明
  • 明らかに経営状態の悪い売掛先
  • 初めての取引相手
  • 取引先が個人事業主

簡単に言えば、売掛先が信用できない場合です。

こういった売掛先の場合、審査に通ったとしても、手数料が高く設定されるでしょう。

アクセルファクターは手数料も安い水準。初回は手数料5%OFF

アクセルファクターの手数料は2%〜20%程度となっており、二社間契約の場合は3〜15%程度に設定される事が多いようです。

ちなみに、アクセルファクターの公式サイトでは利用金額に対する手数料の目安が公開されていました。

売掛金 手数料の目安
~100万円 10%~
101~500万円 5%~
501~1000万円 2%~
1001万円以上 別途ご相談ください。

引用:アクセルファクター公式サイトより


上記の目安をもとに、売掛先の信用力やエビデンス資料など様々な条件が考慮されて、最終的な手数料が決められます。

100万円以下の小口利用では、手数料10〜15%程度と考えておいた方が良さそうですね。

一般的な二社間契約の手数料は15〜20%となっているので、二社間契約にしては手数料が安い水準のファクタリング会社と言えます。

また、「アクセルファクター」では、初回利用は手数料5%OFFとなります!初回は他社よりかなりお得に利用できそうですね。

アクセルファクターが即日資金化にオススメな7つの理由

ここからは、ファクタリングで即日資金化を目指す上で「アクセルファクター」をオススメできるメリットをお伝えします。

半数以上が即日振込を実現

アクセルファクターでは、中小企業や個人事業主の少額利用にも積極的に対応しています。

資金調達のスピードを重視する顧客が多いため、スピード対応に力を入れた結果、半数以上が即日振込を実現しているそうですよ!

即日資金化の事例が多いファクタリング会社だからこそ、即日資金化を目指すのにオススメなファクタリング会社と言えますね。

審査通過率が90%以上

即日資金化するためにはスムーズに審査を通さなくてはなりませんから、審査通過率の高いファクタリング会社を選びたいですよね。

アクセルファクターの公式サイトによると、アクセルファクターの審査通過率は90%以上となっていますから、即日資金化を目指すのにピッタリ!

審査がゆるいというよりも、顧客それぞれに合わせて柔軟に対応することで高い通過率を保っているそうですよ。

必要書類が少ない、対応が柔軟

ファクタリングで即日資金化するには、必要書類を迅速に揃える必要があります。

揃える書類が少ないほど、即日利用には有利と言えますよね!

アクセルファクターでは、審査や契約に必要な書類が少なくて済むので、資金調達を急いでいる場合は助かります。

また「紙の請求書が無い」「ネットバンクで通帳が無い」など書類が揃えられない場合でも、代替え書類を提案してくれたりと柔軟に対応してくれるのも強みです。

登記が必須ではない

ファクタリングでは登記が必須の会社が多いですが、アクセルファクターでは登記は必須ではありません。

どうしても登記したくない場合は、希望に合わせて柔軟に対応してくれますよ。

少額取引から最高1億円まで対応

アクセルファクターでは、ファクタリング利用金額の下限は定められておらず、数十万の小口利用にも対応しています。

また上限は、1億円まで対応可能。

売掛金の金額を気にせず利用する事ができます。

個人事業主も歓迎

アクセルファクターではファクタリングの小口利用にも積極的に応じているため、個人事業主の利用も多くなっています。

個人事業主であっても、信用力のある売掛金があれば利用できる可能性があります。

ノンリコース契約で安心

アクセルファクターでは、償還請求権無しのノンリコース契約となっています。

万が一、売掛先が倒産して売掛金を回収できない場合でも、売掛金を立て替える必要はないので安心です。

アクセルファクターのデメリット

最後に、アクセルファクターのデメリットを見ておきましょう。

請求先が個人事業主の売掛金は買取不可

アクセルファクターでは、請求先が個人事業主の売掛金は買取不可となっています。

利用者が個人事業主の場合は大丈夫ですが、売掛先は法人のものを用意しましょう。

出張契約にかかる費用は実費

遠方でアクセルファクターの本社(東京)に出向けない場合は、スタッフに出張してもらって対面契約を行う事もできます。

ただし、出張してもらった場合のスタッフの交通費は実費になります。

アクセルファクターなら最短で即日資金化も可能!まずはお問い合わせから

ファクタリングで今日・明日にも資金調達する必要があるなら、売掛金を最短で即日資金化できる「アクセルファクター」がオススメです。

  • 審査通過率90%以上
  • 必要書類がシンプル
  • 良心的な手数料
  • 個人事業主歓迎
  • 少額利用OK
  • 登記は必須ではない

半数以上が即日資金化に成功しているアクセルファクターには、最短で即日資金化するためのメリットが沢山!

赤字経営・税金対応・債務超過でも、信用力のある売掛債権があればアクセルファクターで売却できる可能性があります。

アクセルファクターの審査に必要な書類は以下の3点!(追加書類が必要な場合もあります)

  • 請求書
  • 3ヶ月分の通帳
  • お申込み用紙(問い合わせ後にアクセルファクターから入手)

即日入金してもらうためには、「申込・ヒアリング・書類提出・審査・契約」の5ステップを15時までに完了させなくてはなりません。

また、審査を受けないと見積もりも出せません。

まずは「アクセルファクター」公式サイトの「お問い合わせフォーム」から申し込んで、必要書類を確認しましょう。お問い合わせの際は、「即日資金調達を希望」と伝えるのを忘れずに。

\ 見積もりは無料!公式サイトはこちら /