アクセルファクター

審査通過率93%!アクセルファクターは他社で審査落ちした人もオススメのファクタリング会社

アクセルファクターの審査

「ファクタリングの審査に落ちた」
「なんとしても今日中に審査通過して、資金調達の目処をつけたい」

アクセルファクターは、ファクタリングの審査が不安な方にオススメしたいファクタリング会社です。

審査通過率9割以上なので、他社で審査落ちした方も申し込んでみる事をオススメします。

また、即日資金化したいなど、資金調達を急いでいて「とりあえず最低一社はファクタリングの審査を通しておきたい!」という場合も、アクセルファクターで相見積もりを取っておくといいでしょう。

この記事では、アクセルファクターの審査に通過するコツと審査落ちするパターンをまとめました。

アクセルファクターの審査通過率は93%!柔軟な対応力が人気

公式サイトによると、アクセルファクターの審査通過率は93%だそうです。

買取金額が幅広く(下限なし〜1億円)、支払い期日も180日以内ならOK。中小企業や個人事業主からも積極的に買い取っています。

さらに資料が用意できない場合は代替え案を提案するなど、柔軟な対応をしてくれる事からも、高い審査通過率となっています。

他社で断られてしまった場合も1度アクセルファクターに相談してみる事をオススメします。

融資に落ちた・業績赤字・税金滞納中・債務整理中でもOK

アクセルファクターの審査では売掛先の信用が重要視されるため、申込者の財政状況や借入状況はあまり重視されません。

申し込み時に確認はされますが、それだけを理由に審査落ちする事はありません。

状況を把握した上で最適な提案をする事を目的としているので、聞かれた時は正直に打ち明けましょう。

個人事業主、創業1年未満の法人でもOK

売掛債権を持っていれば、個人事業主や創業1年未満でも審査に通る可能性があります。

ただし、個人事業主相手の売掛債権は買取不可なので注意しましょう。

審査は最短1時間〜。即日入金の実績も多数

アクセルファクターの審査は、書類を提出してから1〜3時間程度となっています。

審査に通ってから入金までの取引もスムーズで、緊急性が高いと判断された場合は入金スピードを優先し、面談や債権譲渡登記を後回しにするなど柔軟に対応してくれるケースもあります。

審査通過率が高く即日入金の実績も豊富なため、資金調達を急いでいる場合は相見積もりを取っておきたいファクタリング会社です。

アクセルファクターで審査落ちするパターンとは?

審査通過率が9割を超えるアクセルファクターですが、残り1割の審査落ちするパターンとはどんなものなのでしょうか?

売掛債権の確認が取れない

当たり前の話ですが、売掛債権がなければファクタリングは行えません。

  • 書面での契約を交わしていない
  • 売掛債権の発生を確認できる書類がない
  • 架空の売掛債権の疑い
  • 二重譲渡の疑い
  • 将来債権(まだ発生していない債権)

例えば上記のように、売掛債権の発生を確認できない場合は、審査落ちてしてしまいます。

売掛債権の信憑性が疑われた場合も、同様に審査に落ちる可能性があります。

ただし、長期間にわたる工事でいつまで経っても請求書が出ないなど特殊な事情がある場合は、代替え案を提案してもらえる可能性もあるので相談してみましょう。

売掛先の倒産リスクが高い

アクセルファクターは、売掛先が倒産した場合は申込者に支払い義務のないノンリコース契約となっているため、売掛先の倒産リスクは慎重に審査されます。

  • 大幅な赤字経営が続いている
  • 債務超過
  • 不渡を出している

上記のように売掛先の倒産リスクが高いと判断された場合は、未回収リスクが高くなるため審査落ちする可能性があります。

売掛先が個人または個人事業主

売掛債権の信頼性の問題から、アクセルファクターでは、売掛先が個人または個人事業主の売掛債権は買取不可となっています。

申込者が信用に値しないと判断された場合

架空の売掛債権で申し込みをしたり、すでに売却した売掛債権で申し込みをする人もゼロではありません。

また、2社間ファクタリングでは売掛金の支払いは申込者が行うため、信頼できない人物の場合は売掛金の使い込みなどのリスクも考えられます。

  • ヒアリングや面談の態度が悪い
  • 嘘を吐く、虚偽の書類を提出する
  • 知っていて当たり前の情報を答えられない
  • ネットやSNSでの評判が著しく悪い

上記のように信用に値しないと判断された場合は、審査落ちする可能性があります。

アクセルファクターで審査に通過するには?

アクセルファクターの審査に通過するには、以下の2点を証明できればOKです。

  • 売掛債権の信憑性
    本当に売買可能な売掛債権を持っているか?
  • 未回収リスク
    買取後、きちんと支払いが行われるか?

売掛債権の発生は成因証明書(請求書など)で証明できます。

未回収リスクについては、売掛先の事業規模や経営状態、売掛先と申込者の関係性、申込者の人柄などが審査される事になります。

以上を踏まえ、審査に通過するためのコツは以下の通りです。

社会的信用の高い売掛先の売掛債権で申込む

売掛先が社会的信用の高い相手であれば、未回収リスクは低いと判断されるでしょう。

  • 公的機関
  • 上場企業
  • 金融機関と取引のある企業

上記のような取引先の売掛債権があれば、優先したほうがいいでしょう。

経営状態の良好な企業の売掛債権で申込む

現実的には、中小企業や個人事業主は公的機関や有名企業と取引がない場合も多いですよね。

その場合は、経営業態の良好な企業の売掛債権を優先してファクタリングするようにしましょう。

継続して取引のある企業の売掛債権で申込む

支払い遅延を起こす事なく、継続して取引のある売掛先であれば、この先もきちんと支払いが行われると考えられますよね。

とくに個人事業主がファクタリングを希望する場合、継続して売掛金が振り込まれている事は大きなポイントになります。

基本契約書など取引の継続性を確認できる書類がある場合は、積極的に提出してアピールするといいです。

支払い期日が短い売掛債権で申込む

アクセルファクターでは、売掛金の支払い期日は180日以内なら買取可能となっていますが、一般的に支払い期日の短い売掛債権の方がリスクは低いと判断されます。

ヒアリングや面談では誠実で丁寧な対応を心がける

申込者の人柄をアピールできるのが、ヒアリングや面談です。

せっかく優良な売掛債権を持っていても、人柄に不信を抱かれては台無しになってしまいます。

ヒアリングや面談では、丁寧で誠実な対応を心がけましょう。

3社間ファクタリングで申込む

3社間ファクタリングよりも2社間ファクタリングの方が審査は厳しくなります。

2社間ファクタリングは入金が早く取引先に知られずに利用できるため人気ですが、3社間ファクタリングは手数料を安く抑えられるなどのメリットもあります。

2社間ファクタリングでどうしても審査に通らない場合は、3社間ファクタリングで申し込む方法もあります。

複数社に相見積もりを取ろう

アクセルファクターは審査通過率が9割以上と高いですが、審査落ちする人も一定数います。

ファクタリングの審査基準は会社ごとに違いますし、手数料も変わるため、同じ売掛債権で見積もりを出してもファクタリング会社によって結果はさまざまです。

とくに即日希望など資金調達を急いでいる場合は、なるべく早く最低1社でも審査を通しておきたい所ではないでしょうか。

実際にやり取りする中で、「対応が早い」「この担当者は信用できそう」など公式サイトから見えない部分が最後の決め手になったりもします。

ファクタリングは1社に絞らず、3社程度を選定して、相見積もりを取ることをオススメします。

関連記事
アクセルファクターで即日資金化
アクセルファクターで最短・即日資金化する手順!審査に通るコツと必要書類

「急にまとまった資金が必要になった!」 「来月になれば、売掛金が入るのに…」 ファクタリングで今日・明日にも資金調達する必要があるなら、売掛金を最短で即日資金化できる「アクセルファクター」がオススメで ...

続きを見る

-アクセルファクター